FC2ブログ

彼女は教えてくれた、何も変えられなくても始められる恋があることを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は彼女が休暇をとった。
後輩の恵美ちゃんは、先輩である涙さんがいないと暇らしい。(笑

「奏さん、涙さんのこと好きですよね?!」
・・むむ、こやつ、何を探ろうとしてやがる?

「そうだね、好きなタイプだね」
「やっぱりな」
・・って。

「きっと涙さんも、奏さんのこと好きですよ♪」
・・でたっ ”♪”

「ふーん、でも、どうしてそう思うの?」
「女の勘です」
「勘ねぇ・・」
「お似合いだと思いますよ♪ ふたりとも独身なら良かったですね」
・・そこ余計だ。
「ふふふ、そうだね」
 

結局、彼女の真意を探るこはできなかった。
というより、そんな余裕はなかった。(苦笑
秘密の関係を意識せずに職場でも自然な態度でいようと決めているし
普通より、仲の良いふたりなのは間違いない。


「何だったんだろうな?」
「奏、無意識に、らぶビーム出してるのよ♪」
・・お前もか! ”♪”
「じゃぁ、涙も・・ってことだね」
「かもね」

「もしかて嫉妬かしら?」
「そんな雰囲気じゃなかったけどね・・」

「涙さんに手を出すな!」
「ライバルかよ!?」
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ:秘密の恋愛 - ジャンル:恋愛



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 人妻に恋して, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。