FC2ブログ

彼女は教えてくれた、何も変えられなくても始められる恋があることを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Hしたい・・」

あれまぁ、珍しいこと。
人妻OLの涙さん、今朝、ふたりきりの会議室。

「何かあった?」

「昨夜、Song for・・・ 聴いてたら、奏のこと凄く恋しくなって」
↓HYの、こんな歌詞の曲なんですが・・

世界中でこんなに たくさんの人がいるのに
アナタと出会って恋に落ちて 同じ気持ちになれたのに
会えない 会いたい 今アナタに会いたい
ただアナタに会いたい


「今日も帰り遅い?・・よね」

・・と、こんなふうに誘われちゃったら、断れませんよね?!
一ヶ月以上もしてないし。(*^^*

ということで、残業時間に一旦会社を抜け出してラブホへ。
久しぶりに触れる彼女の花びらは、僕の指先にからみつく。
とめどなく溢れ、切ない表情がたまらなく愛しい。
「あぁ・・もうイッちゃう」
会社の制服を着て立ったまま、彼女は僕を抱きしめる。
「あぁ・・」 あっという間だった。

ベッドに横になって髪を撫でると、照れくさそうに彼女が言う。
「勿体ないわ・・ あっという間にイカされちゃった」
「ホント、して欲しかったんだね」
「うん」

「奏も、でしょ? 入れていいよ
 アタシのバッグに入ってるから使って」

おぉ、何と準備のよいこと。
会社に戻らなくちゃいけないから、ラブホの石鹸類は使えない
かといってゴム臭いのもね。 勿論、彼女だってまずい。(笑
で、彼女とのHには、サガミオリジナルを使用している。

↓これです。ゴムじゃないコンドーム。
so

ゴム臭がしないのは勿論、熱伝導率がいいので挿入感も良いんです。
女性もやはりゴムとの違いはわかるらしいですよ。彼女もお気に入り。

久しぶりに感じる彼女の中。
滑らかな彼女に包まれながら、静かに内側の形をなぞる。
「気持ちいい?」
「うん、気持ちいいよ」
「嬉しい・・ 遠慮しないでイって」

彼女を揺さぶると、濡れた彼女の音と、悩ましい喘ぎ声。
僕も全てを彼女に。
「あぁ・・ステキ」

思いがけない情事に酔いしれた午後7時。
「奏、ありがとう」
手を振りいつもの場所に帰っていく彼女は、とても綺麗だった。

一方、会社に戻った僕は、まともに仕事が出来なかったのは言うまでもない。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:不倫 - ジャンル:恋愛



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 人妻に恋して, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。