FC2ブログ

彼女は教えてくれた、何も変えられなくても始められる恋があることを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会社の飲み会だった夕べ。
おしゃべりに夢中になっていて、彼女から電話が入っていたのに
気が付かなかった。。

着信があってから、1時間遅れてメールをしたときには
すっかりご機嫌ナナメというより 不機嫌真っ直ぐw な彼女。
急にフリーになったから逢いたいという電話だったらしい。

淋しさと嫉妬でおかしくなりそう・・

同僚達の2次会への誘いをうまくかわして、待ち合わせ場所に行くと
悲しそうな顔をしている彼女がいた。
「奏とはじめてHしたのも、飲み会のときだったから・・」
普段、滅多に嫉妬しない彼女なのだが、お酒の席に他の女性がいるのだけは
我慢できないらしい・・
おまけに電話にも出やしねーし。 ごめんごめん。

そのまま彼女の車でホテルへ。

彼女を抱き寄せてキスをする。
「お酒臭い・・」
「嫌か?」
「そうじゃないけど、初めて抱かれた日のこと想い出した・・」

あれから何度、重なり合っただろう・・
その度に彼女に惹かれていく・・

ひとつになって彼女を激しく揺さぶる。
「ヤキモチごめんね」
強く抱きしめただけで、何も答えないまま、奥を攻める。
いつもより滑りの良い彼女の中。。

七夕の夜、彼女はいつもより情熱的に求めてきた。
予定外のデート、僕も夢中で彼女を抱いた。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:不倫 - ジャンル:恋愛



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 人妻に恋して, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。