FC2ブログ

彼女は教えてくれた、何も変えられなくても始められる恋があることを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
駐車場に車を停め、助手席のパンストに包まれた脚に手を伸ばす。

「ダメよ・・まだ明るい」
「誰もいないよ」

しきりに辺りを気にしていたが、頬がほんのり赤くなり
彼女が徐々に興奮していくのがわかる。

唇を重ね、ブラウスの胸元から手を差し入れ乳首に触れる。
「あぁ・・」
「硬くなてきたよ」

彼女の唇が僕の首筋をなぞる。
「感じる・・」

彼女の息遣いにつられて、ブラウスのボタンを外し彼女を大胆に露出させる。
「ダメ・・誰かに見られちゃう」
ブラのストラップも肩から外し、露になった胸にキスをする。
僕の髪を撫でる彼女の切ない声が車内に響く。

「ねぇ、してあげる」

上下する彼女の手のリズムに合わせ、僕は果てる。
キスをすると彼女がニコニコ笑っていた。
また彼女の指先に気持ちを読み取られたのだろう。
「今日、おっきかったよ」
「涙の胸見たら興奮した」
「知ってる」

「それと・・」
「あいしてる って言ってた」

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 人妻に恋して, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。