FC2ブログ

彼女は教えてくれた、何も変えられなくても始められる恋があることを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「お茶どうぞ」
会議室にこもり、新しい製品の仕様書を確認していた僕は
声の主に「ありがとう」とだけ言った。

その場から立ち去る気配がない声の主は彼女。
イテテテ、視線が「馬鹿タレ顔上げやがれ!」と言っていた。
3時の休憩時間に、彼女がコーヒーを持ってきてくれたらしい。
僕の職場は庶務的な仕事を担当する人がいないので、お客様にお出しする飲み物の
準備(自分用も含め)からなにから、基本的に担当者が全て行うことになっている。
だからこういうシチュエーションは珍しいし、仲良しなのがバレバレだ。
そういうこともあって、彼女もすぐに立ち去るものと思っていた。

恐る恐る顔を上げると、ジーっと僕を見つめる彼女がいた。
「やっと見た」
「ごめんごめん、手が離せなくて・・」

「キスして」

 ・・・

「ありがとう」

ニコニコしながら、彼女は会議室を出て行った。
頑張っているご褒美をあげたのか、それとももらったのか・・

いや、それにしても強烈な視線だったな。w
スポンサーサイト
[PR]



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 人妻に恋して, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。