FC2ブログ

彼女は教えてくれた、何も変えられなくても始められる恋があることを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「少しだけど逢えない?」
彼女からメールが届いたのは、午後4:00だった。
買い物してたら疲れたらしく、疲れたなと思ったら急に逢いたくなったのだと。

幸い妻は子供を連れて、友人達と遊びに出かけていたので、急いで車を走らせる。
待ち合わせの場所に彼女の車を見つけると、運転席のシートを倒して横になっていた。
二つ空けて車を停めて、彼女に電話する。
「お待たせ」
「あ、ごめん気が付かなかった」
「それより、大丈夫?」
「うん、急にごめんね」彼女に逢いたいと言われて、苦痛に思えたことは一度もない。
それを正直に伝えると、彼女は「うれしい」と言った。

「そっち行ってもいい?」
「うん、勿論」
僕の車の助手席に移動してきて、彼女は少しだけ微笑む。
学校の役員活動のストレスに生理が重なって、気分が落ち込んだらしい。
仕事と家事だけでも大変なんだもんね。

「少し横になって」
「うん」
助手席に横になり僕のほうに体を向ける姿勢になると、彼女は目を閉じたまま愚痴った。
普段なら笑い飛ばすような話なんだけど、いつもの笑顔もなく、まるで溜まった
疲れを吐き出すかのように話してくれた。
一通り話し終えると、同じ体勢のまま無口になる。
髪を耳にかけるように撫でながら、その寝顔を眺めていたんだけど
あらためて思った、綺麗なヒトだな・・・ ずっとこうしていたいと。
30分くらい眺めていただろうか、静かに目を開けた彼女が言う。
「キスして」
周りに人気が無いことを確認してキスをする。
「そろそろ行かなくちゃ」
「そうだね、遅くなるといけない」
「元気でたか?」
「奏のお陰で楽になった」
そう言って見せた笑顔から、彼女が回復したのが良くわかってほっとした。

「逢いに来てくれてありがとう」
「こちらこそ」

覚えていて欲しい、僕の心はいつも貴女のそばにいることを。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:◆大人の恋愛◆ - ジャンル:アダルト



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 人妻に恋して, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。