FC2ブログ

彼女は教えてくれた、何も変えられなくても始められる恋があることを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腕枕の中の彼女が体をすり寄せてきて、積極的に僕のペニスに
手をのばすときには、二通りのケースがある。

ひとつ目は、彼女が僕を欲しがってくれているとき。
「硬くなってる・・・入れて」
「ねぇ、奏が欲しい」



ふたつ目は、僕を必死に癒そうとしてくれるとき。
「今日の仕事、辛そうだったね」
「アタシ、手伝ってあげたかったな・・・」



求めるときも、与えようとするときも彼女は僕のペニスを愛撫する。
どちらも、鎖骨のあたりにかかる彼女の息が心地よく愛しく思える。

「触るの好きだよね」

「奏の心が、凄く伝わってくるの」

彼女が言うには、いつも同じように大きくなっているみたいだけど
ときどき、ペニスから性的な欲求を感じないときがあるのだとか。
彼女の指先は、何とも不思議なアンテナだ。
しっかりと家事をこなす働き者の、少し荒れた指先が成しえる技なのだろう。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:熟女・人妻 - ジャンル:アダルト



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 人妻に恋して, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。