FC2ブログ

彼女は教えてくれた、何も変えられなくても始められる恋があることを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
午前中、昨日の続きで彼女に仕事を手伝ってもらった。
彼女は派遣社員で、アシスタント的な業務を担当してくれている。
ピンクのブラウスの胸元を見ていたら、すかさず突っ込みが入る。

「胸、見てたでしょ」

「今日は胸、大きいね」

「なぐるよ」

「毎日、大きさ違うよね」

「・・・」

「今日は調子いいんだね、胸」

「ほっとけ!」

僕は微乳好きなので、彼女の控えめな胸が好き。
彼女もそれを知っているけど、本気で怒りそうだったから今日はここまで。

でも、このとき僕が見ていたのは、彼女がしているダイヤのネックレス。
僕がプレゼントした物なんだけど、凄く嬉しそうに微笑んでくれたのを今でも想い出す。
ダイヤよりまぶしい笑顔ね。ぷぷ。
ずっと彼女の胸元に輝いていてくれるといいな。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:◆大人の恋愛◆ - ジャンル:アダルト



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 人妻に恋して, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。