FC2ブログ

彼女は教えてくれた、何も変えられなくても始められる恋があることを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼女にはレイプ願望があるらしい。
実際にレイプされるのは嫌だけど無理やりしてみて。
本気で抵抗するから、プレイのひとつとして・・・というわけだ。
怪我でもさせたら大変だしな。。。と思いつつ。

ラブホテルに連れ込み、立ったまま壁際に押さえ込み
ブラウスのボタンを引きちぎるように外して、薄暗い空間に
彼女の肩を露出させる。
彼女の首筋から肩にかけて何度もキスをする。
彼女の片足から、ストッキングとショーツを一気に脱がせる。

「っ・・・いっ、いやっ」
彼女は本気で抵抗する。
経験したことなかったが、抵抗されると本能的に犯したいと
思えてくるから不思議だ。

細身の女性でも、膝を使われると結構手ごわい。
腰とお尻の辺りを、壁に押し付けるように押さえ込み
そのまま片足を持ち上げて、感じるところを愛撫する。

「あっ・・・ダメ」

「もう濡れてるよ」

彼女の抵抗がまた強くなる。

しかし言葉とは裏腹に、彼女の蜜はどんどん溢れ出してくる。

「待って、ベッドに連れてって」
「奏が欲しくなっちゃった」
急に素直になってしまった彼女に、拍子抜けしたが普段よりも
互いに興奮していたのは間違いない。
ベッドに連れて行き、スキンを付けて彼女に滑り込ませる
彼女の温かい壁に包み込まれて大きくなる。
「入ってる・・・」


「ダメね・・・途中で欲しくなっちゃった」
そう言って体を摺り寄せてくる彼女の背中に腕をまわす。

その仕草は、またひとつ彼女を好きになる要因になった。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:◆大人の恋愛◆ - ジャンル:アダルト



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 人妻に恋して, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。