FC2ブログ

彼女は教えてくれた、何も変えられなくても始められる恋があることを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
携帯電話の受信メールを全削除する。
その殆どが彼女とのやりとりなので、毎回、切なくなる。
その中で1通だけ、削除されない保護メールがある。
2年前の3月、初めて彼女と待ち合わせをしたときのもの。
休日の午後、彼女は買い物を理由に外出して僕に逢いに来てくれた。

彼女が家を出るときにくれたメール。
「これから家を出ます。年甲斐もなくドキドキしています。
会社に行くときのように、きちんと化粧をしたり綺麗な格好をして
逢いに行く事ができないから、とても恥ずかしいです。」


そんな彼女が目の前に現れたとき、とても嬉しかったのを覚えている。
会社では眼鏡をかけて髪を後で束ねている彼女。
その日は普段よりも薄化粧で、髪をおろしていた。
Gパンにパーカーを着た普段着、それでも眼鏡はせずに、長時間着け
ると目が腫るから、滅多につけないというコンタクトレンズをはめて
くれていた。

普通の初デートなら、精一杯オシャレをして逢いに行けるのに。。
スキとか愛しているとか、その後、彼女は何度も書いてくれたけど
このときのメールが今でも一番、彼女が愛しいと思えたメールです。

「飾らない涙さん、普段より素敵ですよ」
「お世辞でも嬉しいな」
「本当ですよ」

とても照れくさそうにしていた彼女。
ふたりの恋の幕開け。

スポンサーサイト
[PR]

テーマ:不倫 - ジャンル:恋愛



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 人妻に恋して, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。