FC2ブログ

彼女は教えてくれた、何も変えられなくても始められる恋があることを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家族の話、特に子供の話は、ふたりの間に大きな垣根があるように
思えるのが普通じゃないのかな・・と思うんだけど、彼女はとても
楽しそうに聞いてくれる。実は僕も家族の話を聞くのが好き。

「そう言えばさ・・最近、子供の話してくれないね」
「そうかな?」
「子供の話をするときの、奏の笑顔とってもスキなの」

お互いに子供を持つ親(失格だろうけど・・)として話をしているとき
分かり合える事が多いな・・と感じる。

「何かネタないの?」
「今すぐかよ、せっかちだな」
「話せ」

・・・
改まって聞かれると、なかなか見つからない。

「読み間違いの話」
「わーい」

フルーツヨーグルトを食べていた幼稚園児の娘。
カタカナ読めるぞ自慢。
「ビタミンってどれ?」
「う~ん、みかんかな?」
「じゃぁ、アレルギーは?」
「??? あ!」
「それ、食べない方が良いぞ」



「ふふふ、エネルギーね」
「正解」

ちょっと緊張した笑顔。
今日は、彼女の笑顔の勝ち。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:不倫 - ジャンル:恋愛



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 人妻に恋して, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。