FC2ブログ

彼女は教えてくれた、何も変えられなくても始められる恋があることを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏。子供達が夏休みだったり。
互いに家族旅行に出かけたり・・
夏は、ぐっと現実に引き戻される季節です。

彼女と出逢って最初に迎えた夏は、恋心と現実とのギャップに、相当
苦しみました。こんな僕でも・・
3度目の夏ともなると、もうすっかり慣れて・・と言いたいところですが
やっぱり慣れることはなく、幾分、諦めることができるようになった程度
かな・・
やっぱり今年も、梅雨が開けても心はどんよりになりそうな予感です。


ここ数日の出張疲れもあってか、物凄く彼女を抱きたい気分。

日が落ちて間もない、とある駐車場の車内。
「奏、最近、疲れてる?」
「裏腹に、あそこは元気!」
「いつもでしょ?」
「触ってみる?」

 ゴソゴソ・・

「してあげる」

 ぱくっ。

「涙に入れたい」

「今日は我慢して」

 ・・・
 彼女の舌使いにあっけなく撃チン。
 心地好い疲労感に包まれる。

「ありがとう」
「とっても疲れてたみたいね」
「出張続きだったからね・・」
「今度、ちゃんと抱いてね」

今日も彼女は忙しく帰って行った。
しばらくHできるチャンスが無さそうなのが残念だな。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:不倫 - ジャンル:恋愛

ニコニコ笑っている、彼女と彼女の後輩をぼんやり眺めていたらしい。
「あ、奏さん、恵美ちゃんのこと見とれてたでしょ」

あ・・いかん。

「あぁ、奏さん、奥さんに言いつけますよ」
・・こいつめ。

「お前は、黙って経験値稼いで体力下げとけ!」
(過去エントリ『経験値』参照)

「ひでーな」

実のところ、見とれていたのは彼女(涙さん)の笑顔。
同姓が一緒だと、仕事中でも明るい笑顔になれるんだな・・と。
何だか嫉妬してしまった。

テーマ:不倫 - ジャンル:恋愛

同じような日々が繰り返される中で、出逢ってしまった女性。

何度も強敵を倒し、それなりの名声を手にしたけれど、誰もが
寝静まった頃に帰る家で、一人でいる以上に感じる孤独感。
満たされない心。

「明日はどんな敵が待っているのだろう・・」
そんな一人の冒険者がいた。

そんな時、ひとつの防具屋が開業したばかりの街に立ち寄る。
少し緊張した面持ちで、迎えてくれた女主人は、すぐに男のひび割れた
鎧に気付く。

「こちらを試されてみては?」
勧められるままに身につけた鎧が、あまりにも自分に合うことに驚く。

それ以来、男は女主人に心惹かれ、何度もこの街を訪れることになり
いつしか冒険を忘れ、同じ街で武器屋を営むことになる。

「もう冒険には出ないのですか?」
「僕にはもう救いたいと思うお姫様も、守りたい国もないのです」
教会の裏で静かに寄り添いながら、そんな会話をするふたり。

男の物語は、一人の女性の出現によって、思わぬ展開をみせる。

踏み入れてはならない領域で、最後の冒険が始まっていた。

テーマ:不倫 - ジャンル:恋愛

同僚がぼやいていた・・
「奏さん、オレ経験値は上がってるんですが、体力減ってます」
「ぷ、お前、それ、おもしれーな」
「笑い事じゃないですよ」
「すまん、今日は早く帰れよ」
「はい、もう帰ります」

ゲーム好きの同僚が、3日連続の徹夜明けに言った冗談。
青白い顔をして、帰っていった。
無謀とも思える日程だったけれど、最終的には間に合わせた。
今夜は宿屋でゆっくり休めるだろう。

彼女も今週は彼のサポートに付き切りだった。
「奏、ここまずくない?」
 ・・・
「そこ and じゃなくて or に変えといて」
「そうだよね、ありがとう」

ここの防具屋の女主人も、なかなか優秀だ。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

読みかけの頁を開いたまま、伏せておく癖のある僕。
本に癖がつくので、嫌いな方も多いと思う。

記憶という本のある頁から、突然、彼女との物語が始まった。
あのときも僕は伏せたままにしたんだろう。
栞がなくても、自然に開いてしまう頁がある。

テーマ:不倫 - ジャンル:恋愛

今日、彼女とゆびきりをした。
普通のゆびきりなら、ある約束を守る事を誓ってするもの。
僕達のゆびきりは、それとはちょっと違ってて、お互いに守りたいと
思うことを相手に伝えずに誓うというもの。

「何、約束したの?」
「教えない」
「アタシも」

ふたりで向かえる朝が来るとしたら、その時は一つくらい教えて
あげてもいいかな。

テーマ:不倫 - ジャンル:恋愛

彼女に逢えない日は、何も聞こえないほどの土砂降りがいい。
アスファルトの上で弾むほどの強い雨。

彼女は雨が嫌いだと言うが、いつも彼女を見送るときの足音が
僕の耳に残っている。

いつもより余計に逢いたい日は、見送るときの背中と足音を
思い出してしまう。

テーマ:不倫 - ジャンル:恋愛

会社の飲み会だった夕べ。
おしゃべりに夢中になっていて、彼女から電話が入っていたのに
気が付かなかった。。

着信があってから、1時間遅れてメールをしたときには
すっかりご機嫌ナナメというより 不機嫌真っ直ぐw な彼女。
急にフリーになったから逢いたいという電話だったらしい。

淋しさと嫉妬でおかしくなりそう・・

同僚達の2次会への誘いをうまくかわして、待ち合わせ場所に行くと
悲しそうな顔をしている彼女がいた。
「奏とはじめてHしたのも、飲み会のときだったから・・」
普段、滅多に嫉妬しない彼女なのだが、お酒の席に他の女性がいるのだけは
我慢できないらしい・・
おまけに電話にも出やしねーし。 ごめんごめん。

そのまま彼女の車でホテルへ。

彼女を抱き寄せてキスをする。
「お酒臭い・・」
「嫌か?」
「そうじゃないけど、初めて抱かれた日のこと想い出した・・」

あれから何度、重なり合っただろう・・
その度に彼女に惹かれていく・・

ひとつになって彼女を激しく揺さぶる。
「ヤキモチごめんね」
強く抱きしめただけで、何も答えないまま、奥を攻める。
いつもより滑りの良い彼女の中。。

七夕の夜、彼女はいつもより情熱的に求めてきた。
予定外のデート、僕も夢中で彼女を抱いた。

テーマ:不倫 - ジャンル:恋愛

今週の初めから予定通り、彼女の後輩が派遣されてきた。
(過去エントリ『綺麗好み』参照)

彼女の言うように、とても可愛い子だった。
仮名はどうしようかな・・《恵美ちゃん》とでもしておこう。
僕と同じグループに配属になったのだが、普段、顔を出さないような
他のフロアの同僚まで、何かと理由を付けて覗きにくる始末。

「ね、可愛い子でしょ?」
「うん、そうだね」
「ふふふ、でも奏は綺麗好みなんでしょ?」
「でも、可愛いものにはまかれろ。って言うじゃん」
「言いません!」

恵美ちゃんが配属になったことによって、グループ内のプチ席替えが行われた。
おかげで僕と涙さんは、お隣り同士に♪
「近くなったね♪」 ニコニコ
「仕事しやすくなったね」 

「キスできちゃうかも♪」 ニコニコ
「ほんとだね」

「Hは無理ね」 ニコニコ
「しねーよ」

「したいくせに」 ニコニコ
「お互い様でしょ?」
「・・・」 ニコニコ

またひとつ、職場の環境改善に 性×・・もとい、成功だな。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

彼女との関係が始まってから、自分達にぴったりだと思えるような
許されない恋をテーマにした曲が、意外に多いことに気付きます。

リンクさせていただいている不倫ノートブックさんの
不倫リサーチ ⇒ 不倫 曲 でもアンケートされていて、現時点で
「やさしいキスをして」が1位のようです。

あなたが思わずせつなくなってしまう曲は、どんな曲ですか?

テーマ:不倫 - ジャンル:恋愛


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 人妻に恋して, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。